2009年10月09日

高齢出産におけるダウン症の確立

高齢出産におけるダウン症は発症する確立はどのくらいあるのでしょうか?
一般的には20歳未満では2000人中1人程と低い割合になっていますが、35歳の高齢出産の場合400人に1人、45歳以上だと30人に1人というように、年齢が上がる毎にどんどん高くなっていくと言われています。

ダウン症ばかりか、高齢出産では流産、妊娠中毒などの割合も高くなってしまいます。様々な高齢出産のリスクを少しでも減少するためには、毎日の生活習慣を見直し、妊娠から出産に備えた健康な体づくりが大切なのです。

>>健康な体づくりの方法とは?

女性が会社での地位を確立し、医療が発達してきた現在は10人に1人が35歳以上で出産している事になります。この数は、今後も増えることでしょう。

高齢出産の方が、安心して子供を授かれるような指導がもっともっと必要だと思います。

高齢出産のリスク
超高齢出産について
高齢出産した芸能人
posted by koreishusan at 12:40| 高齢出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。